築上町築城本庄にある巨大な楠の木ですが福岡県のパワースポットとしても知られています。

本庄の大楠

こちらの大楠は大正11年に国の天然記念物に指定され平成13年に行われた環境省の巨樹巨林調査では鹿児島県蒲生町の「蒲生の大楠」 静岡県熱海市の「来の宮神社の大楠」 青森県深浦町の「北金ケ沢の銀杏」に次ぎ全国4位の巨樹に認定されています。

スポンサードリンク

樹高は25,8M 胸高の幹周囲が20,6M 木芯部は大きな空洞となっており明治34年にこの空洞の中で行われた焚火が引火し、大半が焼失しましたが、その後に奇跡的に第一枝が再生し現在の姿まで蘇りました。現在は5本の支柱に支えられ支柱の食い込みや土壌改良などの問題点も抱えていますが地元民や行政などに支えられ大切に守られています。

毎年10月には大楠をバックにした無料野外クラッシックコンサートなども開催されています。

index

スポンサードリンク